寺宝

大日如来坐像(国指定重要文化財)

nyorai1平安後期の金銅仏

智挙印をむすぶ真言密教金剛界の主尊ですが、詳しい伝来はわかりません。大日如来の銅像はきわめて少なく、国指定文化財では全国唯一の貴重な尊像です。また銅造の大日如来像としては、おそらく日本最古作と思われます。

nyorai2

不動明王及び両童子立像(県指定重要文化財)

fudo1

鎌倉時代の木彫(胎内に経文等あり/像高76.6cm)

右手に宝剣、左手に羂索を持ち、両脇に童子を従えています。 平成13年度に解体修理が完了し、不明であった仏舎利が頭部にあることが確認されると共に、本来の彩色が青色で『青不動』であることも同時に判明しました。

fudo2

fudo3

釈迦誕生仏

shaka1

(像高・13.6cm)

珍しい裸形の天上天下独尊像です。小像ながら写実表現に優れ、鎌倉時代中期の秀作と言われています。
shaka2

Hohkongohji-Temple 神奈川 小田原市