式当日の流れ

当日は、盛装したのち列席者に見守られながら本堂へと向かいます。本堂には椅子が用意され、式は基本的に着座で行われることとなります。着座後、住職によって場が清められ、さらに、新郎新婦も清められます。静謐な空気の中で、住職によって誓いが求められ、お二人の誓いの印として、数珠が授けられます。指輪の交換、金剛誓水(いわゆる三々九度です)と続き、新郎新婦自身にご用意いただいた誓いの言葉を読み上げていただきます。住職の御法楽が執り行われ、所要時間は約40分程度です。儀式の終了後は、敷地内の庫裏(登録有形文化財)で披露宴を行うことも可能です。

壇前普礼
式に先立ち戒師(住職)により真言が唱えられます。
焼香・塗香・護身法
司婚者が香を焚き、自らの体に塗ることで身を清めます。
表白
司婚者が本尊に二人の結婚の報告をし、加護を求めます。
授塗香
新郎新婦が自らの身に香を塗り、身を清めます。
洒水
司婚者が二人を聖水によって清めます。
授戒
司婚者が二人に誓いを求めます。
授念珠
誓いの印として司婚者から二人へ念珠が授けられます。
指輪交換
指輪の交換を行います。
金剛誓水
いわゆる三々九度のようなもので、新郎新婦両者が儀式の酒を飲み交わします。
誓詞
新郎新婦が事前に用意した誓いの言葉を読み上げます。
誓水
列席者に祝の酒を振舞います。

衣装について

衣装について

婚礼の衣装は、提携の貸し衣装からお選びいただけます。白無垢はもちろんのこと、黒の引き振袖も人気です。披露宴でのお色直しでは、色打掛などの和装だけでなく、ウェディングドレス、カクテルドレスもご用意。髪型と合わせたスタイリングのご相談もこまやかに対応します。

自分らしく装う

和装・洋装のいずれも多彩な衣装を用意。地髪を生かしたスタイルにも対応(写真は色打掛一例)。

お料理について

お料理について

披露宴を庫裡で行う場合、お料理の準備を承ります。ご列席者の人数は最大30名ほど。お料理は4,000~8,000円程度で予算にあわせてご相談いただけます。特製ケーキのご用意も可能です。

大広間で披露宴も

披露宴を行う大広間は掘りごたつ式の座敷や、イスとテーブルの用意も可能。人数は30名程度まで。

基本料金

仏前挙式基本プラン

土日祝180,000円/平日150,000円

[プランに含まれるもの]

  • 衣装 新郎新婦和装各一点
  • 新郎着付
  • 新婦美容着付
  • 会場使用料
  • 仏前式料