寳金剛寺

お問合わせ
交通のご案内

本 尊
Principal Buddha statue

地蔵菩薩 県重要文化財

地蔵菩薩

当山の秘仏本尊です。像高49.9cm。一木造、彫眼、素木仕上げ。
この地蔵菩薩は寺伝によると、平重盛が妹君の建礼門院徳子の安産(後の安徳天皇)を祈願した際、当尊の御腹へ帯を結んだと伝えられています。
これ以来、帯解地蔵(おびとけじぞう)とか子易地蔵などと呼ばれ、当地方において昔から安産祈願の信仰が根強く伝わっております。
たいへんな古仏で総体に平安中期様式が認められます。実際の造立は藤原初期頃と考えられています。

光背頂上部の龕(がん)に置かれている総高8.7cmの如意輪観音の小像も単体で重要文化財に指定されています。

本尊厨子と前立仏

レプリカ地蔵

ご本尊は秘仏ですので普段は安置している厨子の扉を閉じております(写真奥の厨子)。
厨子の前には前立ち仏として写真の地蔵菩薩(江戸時代造立)を安置し、ご本尊の身代わり像としてご参拝をいただいております。

廻り地蔵(まわりじぞう)

レプリカ地蔵

最近はほとんどなくなりましたが、昔はご本尊の地蔵菩薩の代わりに、妊婦のおられるお宅に貸し出されていたお厨子入りのお地蔵様のレプリカです。こちらも江戸時代の制作仏です。

 
  • prev
  • | next
  • ページトップへ戻る