寳金剛寺

お問合わせ
交通のご案内

仏 像
Buddha statues

銅像 大日如来坐像(国指定重要文化財)

大日如来

智挙印をむすぶ真言密教金剛界の主尊ですが、詳しい伝来はわかっていません。
大日如来の銅像はきわめて少なく、国指定文化財では全国唯一の貴重な尊像です。
最近の研究では、平安仏にほぼ間違いないと言われており銅造の大日如来像としては、おそらく日本最古作と思われます。
鋳技は優秀で、体躯は均衡が良く面貌は整っています。
表面に鋳金が施してあったようですが、火にかかり溶けてしまったようです。

不動明王及び両童子立像(県指定重要文化財)

不動明王

鎌倉時代の木彫(像高76.6cm)、智証大師の作と伝えられています。延慶二年(1309年)建立。
胎内に多くの経文等ありこれも県指定重要文化財に指定されています。
右手に宝剣、左手に羂索を持ち、両脇に童子を従えています。 平成13年度に解体修理が完了し、不明であった仏舎利が頭部にあることが確認されると共に、本来の彩色が青色で『青不動』であることも同時に判明しました。

木造薬師如来坐像(市指定重要文化財)

薬師如来

これまでは藤原末期から鎌倉期と言われてきた作例ですが、調査研究の進展により制作は12世紀半ば(平安末期)まで遡り、当寺の歴史を明らかにする貴重な尊像と見なされています。
小田原市域には藤原・鎌倉時代の仏像が十数体知られていますが、最も古い作例の一つで、県西部の上代仏教文化を物語る貴重な資料となっています。 なお、玉眼、裳先部、表面の漆箔などは後世の手によるものです。

銅像如意輪観音菩薩像(県指定重要文化財)

如意輪観音

本尊である木造地蔵菩薩像の光背の頂上部に設けられた蓮弁形の龕(がん)に置かれた8.7cmの小像です。
平成15年の本尊修復の際に、木造ではなく銅像であることが判明。平安時代の金胴仏の例は少なく、像の精緻さなどから県指定重要文化財に指定されました。
儀軌に忠実な像容、太く高い髻(もとどり)や横に丸く張った顔、また台座蓮華の低平な形態は、本像が平安時代の初期の本格的な密教彫刻の系譜に連なることを示しています。

釈迦誕生仏

釈迦誕生仏

銅像。珍しい裸形の天上天下独尊像です。小像ながら写実表現に優れ、鎌倉時代中期の秀作と言われています。
通常は腰に裳をまといますが、鎌倉期以降全身裸像が造られるようになりました。 当尊は小像ながら写実表現にすぐれており、動勢や量感の点でも申し分ありません。
台座とも一鋳。鍍金跡は見られません。

銅像 十一面観音懸仏

十一面観音懸仏

「新編相模国風土記稿」に「稲荷社 本地十一面観音を置く」とあるのが本像です。
稲荷社は現存し、ご神体は厨子中に安置されています。
よくある十一面観音の立像が鏡面に一鋳されています。江戸期の佳品。

 
  • prev
  • | next
  • ページトップへ戻る